婦人

たるみを改善して若返る:目の下スッキリぱっちり

凹凸のない滑らかな肌に

ウーマン

神経の伝達を抑制

眉間のしわは、眉間に力を入れることで生じやすくなります。逆に言えば、力が入りにくい状態になれば、生じにくくなるということです。そのため美容外科では、神経の伝達を抑制するボトックス注射がおこなわれています。体を動かそうとすると、その命令が神経によって筋肉に伝わります。しかしボトックス注射には、その命令を伝わりにくくする効果があるのです。そのため筋肉は大きく動かなくなりますし、眉間には深いしわが刻まれにくくなるのです。もちろん、神経の伝達が完全に断たれたり、筋肉の機能が低下したりするわけではありません。そのため、怒りの表現などのために意図的にしわを作ることは可能です。つまり表情の妨げにならないということですから、その点でもボトックス注射は高く評価されています。

内部から押し上げる治療

眉間に力を入れ続けていると、しわがそこに定着することがあります。定着すると、眉間は常にしわが存在している状態になります。たとえ完全に力を抜いたとしても、そのしわが消えることはなく、いわゆるしかめっ面の状態が続くことになるのです。美容外科では、こういった定着した眉間のしわを解消する治療もおこなわれています。具体的には、ヒアルロン酸の注入、またはシリコンプロテーゼの挿入により、眉間の肌を内部から押し上げる治療です。押し上げることで、しわは目立ちにくくなりますし、ヒアルロン酸やシリコンプロテーゼが壁となることで、くぼみにくくなります。つまり眉間では、しわによる凹凸のない、滑らかな状態が維持されるということです。